ここから製品一覧
アプリケーション事例
  • 大電流用配電盤の基板設計
    大電流用受配電盤内にある、部品・装置・機器の信号を中継する配線を集約するための基板設計。
  • 降雨情報集約システム
    数十キロメートル離れた複数の各駅に設置された雨量計センサーの情報を特定の駅に集約するための回路設計と施工。
  • プラスチック成形機の中継ユニット
    機器全体を制御する「制御ボード」とマシン内の各センサーやスイッチ、表示灯などの部品からの信号、さらには電源などを中継する中継基板の開発、製作。

株式会社壬生電機製作所 / 技術資料 / 輸出貿易管理令適合証明書

技術資料

外国為替及び外国貿易法

輸出貿易管理令適合証明書

輸出貿易管理令とは

輸出貿易管理令とは、外国為替および外国貿易法(外為法)の実施に関する政令の一つで、輸出の規制に関するものです。

大量破壊兵器や武器の開発・製造等に関する資機材並びに兵器関連汎用品の輸出やこれらの関連技術の特定の外国への提供は、この輸出貿易管理令の別表第一で規制されています。
この政令で規制されている貨物や技術を輸出する場合、原則として経済産業大臣の認可が必要です。

輸出貿易管理令の別表第一は、第1項〜15項のリスト規制と第16項キャッチオール規制で構成されています。

キャッチオール規制(補完的輸出規制)とは、リスト規制に該当しない全ての貨物や技術について、大量破壊兵器の開発等に使われることを1. 知っている場合、2. 政府より通知を受けた場合、を規制する輸出規制と定義付けされています。(経済産業省の用語の手引きより引用)
リスト規制とは異なり、輸出貿易管理令 別表第一の第16項に該当しただけでは、直ちに許可申請が必要になるわけではありません。
(16項該当事例・・・39類: プラスチック及びその製品、第73類: 鉄鋼製品、第74類: 銅及びその製品など) 客観要件(用途/需要者)、インフォーム要件(通知)に該当する場合は経済産業大臣の認可が必要です。

輸出貿易管理令への取り組み

弊社の製品は輸出貿易管理令 別表第1の第1項から第15項のリスト規制に対しては対象外です。
第16項のキャッチオール規制には該当します。
但し、最終的な輸出許可申請の要否の判断は、お客様にてご判断願います。

また、製品ごとの判定書については、ダウンロードできます。 2010年10月21日現在で判定しております。

関連情報

技術資料 / 海外安全規格認定書

ユーザーサポート