ここから製品一覧
アプリケーション事例
  • 大電流用配電盤の基板設計
    大電流用受配電盤内にある、部品・装置・機器の信号を中継する配線を集約するための基板設計。
  • 降雨情報集約システム
    数十キロメートル離れた複数の各駅に設置された雨量計センサーの情報を特定の駅に集約するための回路設計と施工。
  • プラスチック成形機の中継ユニット
    機器全体を制御する「制御ボード」とマシン内の各センサーやスイッチ、表示灯などの部品からの信号、さらには電源などを中継する中継基板の開発、製作。

株式会社壬生電機製作所 / CSR / 品質マネジメント

CSR

より高い品質と顧客満足を

品質マネジメント

品質方針

品質マネジメント

1.売上高と経常利益目標

すべての組織とすべての人員はそれぞれの持ち場で自らの使命を自覚し、当期の売上高と経常利益目標の達成を互いに約束する。

2.お客様へのアプローチ

1.の活動を効果あるものとするため、お客様の期待するところを傾聴し、新たな価値を加えた提案をすることでお客様の社業の発展に寄与できるよう思考し、行動する。また、われら企業の思考と製品の価値を広めるため、積極的に新たなお客様へのアプローチを怠らない。

3.物づくりでのアプローチ

2.の活動を円滑に行うため、設計を含む生産工程に関わるすべての人員は、お客様の品質、価格、納期、機能、利便性に対する期待を超える驚きのある価値をめざして倦むことなく思考を続ける。互いの組織、人員の立場を尊重し、組織力を高める行動を心がける。また、われらと共にある協力会社様とは、互いに繁栄することを目標に常に話し合い、双方に最適な取り引きを追求する。

4.社会へのアプローチ

3.の活動に支障なきようわれらのCSR推進方針に従い、関係法令や規制要求事項の順守は当然のことながら、お客様、協力会社様、地域住民様、社員とその家族あらゆるステークホルダーのみなさまへの尊重と敬愛の念を礎に企業価値の向上に努める。とくに社員とその家族の幸福は、企業が持続可能な成長を続ける原動力であり、1.の目標を達成することこそ、その源泉であると確信する。

 

 2017年 9月 1日

代表取締役社長  古野 修

CSRの基本的な考え方

CSR推進方針と体制

LED照明の普及

省電力化と環境負荷低減を実現するLED照明

グリーン発電

自然回生エネルギー

グリーン調達

調達方針、欧州RoHS指令

環境マネジメント

全組織で環境保全活動を

品質マネジメント

より高い品質と顧客満足を

サイト内検索